2ntブログ
ブリザードの部屋
自作のSM系(というかDID系)エロ小説を毎月1作を目標にアップロードします。女性を縛って責める作品が多いです。(心身ともに大人の方のみご閲覧ください)
提携動画広告
“ブリザードの部屋”へようこそ

★☆★ [ご注意!!!] ★☆★
 このブログサイトは、成人向けのマニアックな内容を含んでいます。
 未成年の方、あるいはSM的記述を見て不快感を感じる方は、これ以降は読み進まれないよう強くお願いします。
 この先、掲載されている文章をお読みになって不快に感じられたとしても、当方は一切の責任は負いませんのであらかじめご了承ください。


 基本的に、M女性が緊縛、快感責めされて悶絶する、という内容の小説が主です。
 キーワードとしては、後ろ手縛り、手錠、磔、股縄、緊縛快感責め、緊縛野外露出、拷問、等々。

 各作品へのご感想はそれぞれへのコメントまたはトラックバックでお願いします。
 コメントいただく場合、"Name"の欄は適当な名前、"Mail"と"URL"は空欄で一向にかまいませんので、お気軽に感想コメントをください。
 また、ブログ全体へのご感想やリクエストなどは掲示板または直メールでお願いします。

 当ブログへのリンクは連絡なしで自由にしていただいてかまいません。
 相互リンクをご希望の場合のみ直メールでご連絡ください。ただし商業サイトやSM的志向が一致しないサイトについては、こちらからのリンクはお断りさせていただく場合がありますのでご了承ください。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。

 過去の全作品の目録はこちらです。

 友達大募集中です。
 FC2でSM系ブログをお書きのみなさん、ぜひブロとも申請フォームからお友だちになってください。

 コメントとトラックバックを承認制にいたしました。詳しくはこちらをお読みください。

 小説が新規掲載された時だけ読みに来たいとおっしゃる方は、こちらのエントリをお読みください。


妄想愛妻日記「萌える着衣緊縛」3
 雑文として書き始めたのですが、一つのネタごとに妄想愛妻日記にしてみようと思います。
 妻がまだ『婚約者』だった頃、泊まりに来た日に近所で花火大会があって一緒に観に行った時のエピソードをちょっと脚色しました。

 <a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=2153" target="_blank">FC2 Blog Ranking</a>に登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひ<b><a href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=2153" target="_blank">ご投票</a></b>お願いいたします。


<hr size="1">

 近所の花火大会を一緒に観に行った。
 妻は部屋着兼用のデニムの股下0cmショーパンからスラリとしたナマ脚を惜しげもなくさらけ出し、ノースリーブの裾の下からヘソが見え隠れする超絶セクシースタイル。
 ナマ足でちょっとヒールがあるミュールサンダルをリクエストしたのだが、足首を捻挫しそうだからとスニーカーで。
 その代わりスニーカーソックスでナマ足っぽくはしてくれた。

 会場の河原の上の土手は、観衆が歩く時に点けていた懐中電灯を消したらほぼ暗闇だった。
 自分は大きく脚を広げて腰を下ろし、すぐ前に妻を座らせて背後から抱きすくめた。
 花火が上がり始め、観衆の目線がそちらに向き始める頃、自分の片方の指先はノースリーブの脇から侵入してノーブラの妻の乳首を弄び、もう片方は妻のショーパンのジッパーを下ろしてショーツの中に侵入していた。
 妻は時々首を横に振ったが、漏れる喘ぎ声を花火の音に紛れ込ませるのが精一杯な様子だった。

 花火が終わった時、妻は自力で立ち上がるのがやっとで、ショーパンのジッパーが下がったままで危うく下着丸見えになるところだった。
 アパートの玄関のドアを閉めてスニーカーを脱ぎ捨てるなり、妻は飛びつくようにむしゃぶりついてきて耳元に息を吹きかけながらささやいた。
「ずっと濡れちゃってたの。早くいじめて」
 ガッチリ抱きすくめたままテーブルの上のネクタイを手探りでつかみ、妻の両腕を後ろに回させて手首を縛り上げた。
 抵抗できなくなって身をよじる妻の口にハンカチを押し込む。
 だが、すぐには入れてやらない。
 河原で責めた時のようにショーパンとノースリーブを身につけたままの姿で気が狂うほどに悶絶させてやってからだ。

(完)
妄想愛妻日記(クリスマスプレゼントはあ・た・し)
 実は諸事情があって、妻と結婚前にクリスマスのデートをした経験がないのです。(笑)
 SMプレイ的なものを実現できたのは結婚してからだったのですが、恋人時代にそれをカミングアウトして受け入れてもらえていて、そしてクリスマスデートにそれを実現できたら、という妄想です。

妄想愛妻日記(風呂場で吊って責める)
雑文「ミニスカ・ナマ脚ってのはこうでなくちゃ」
 ネット上の芸能系ニュース記事で「ミニスカ・ナマ脚」ってので期待して見に行ってみたら、確かにミニスカだけどニーハイソックスだったりロングブーツだったりってので興醒めなんてことがあります。
 個人的にはミニスカで太もも全開ってのは別にポイント高くはないのです。
 むしろショーパンのほうが好きです。
 で、膝下からくるぶしまで露出しているほうがポイント高いのです。
 短めのスキニーパンツやミモレ丈のスカートからふくらはぎやアキレス腱の部分がナマで見えるほうがエロいのです。
 室内の場合はこの写真のように素足でいるのがエロいのです。
妄想愛妻日記(言ってほしいセリフ)
 こういうセリフだけ吐いてくれるんだったら猿ぐつわはなしでもいいかも、と思います。
 以下、短編小説風に。


雑文「S男だけど相手はM女じゃないほうがいい、というワガママ」
 言葉に書いてみると本当にワガママだなと思います。
 SMプレイをやることで精神的に昂奮するのはS男である自分の側だけでいいのです。
 相手の女性は、気持ち的には「怖いな」とか「ちょっと嫌だな」とか「恥ずかしいな」とか「やめてほしいな」とか思っててくれるほうがいいのです。
 で、敏感なところを責められ、逃れようとしても緊縛されて身動きができず、言葉で哀願しようとしても猿轡で口をふさがれてうめき声しか出せず、「嫌だ。もうやめて」というマイナスの気持ちとは裏腹に体だけがどんどん反応していく。
 その様子に男はどんどん昂奮して、限界まで責められた果てに極限までいきりたったモノで貫かれ、これも気持ちとは裏腹に絶頂へ向けて昇天してしまう。
 気持ちでは「もう嫌だ。普通のセックスのほうがいい」と思ってそう口にするのですが、拘束具を目の前に並べられてしまうと、それを使われた時の男の責めを体が覚えていて拒みきれない。
 そう考えると我が愛妻はわたしにとってこれ以上はない理想のパートナーなのかもしれません。
妄想愛妻日記「萌える着衣緊縛」2
 雑文として書き始めたのですが、一つのネタごとに妄想愛妻日記にしてみようと思います。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




妄想愛妻日記「萌える着衣緊縛」1
 雑文として書き始めたのですが、一つのネタごとに妄想愛妻日記にしてみようと思います。

 FC2 Blog Rankingに登録しました。
 ブリザードの作品をこれからも読みたいと思われる方は、ぜひご投票お願いいたします。




妄想愛妻日記(エア猿ぐつわ)
 一つ前でも書きましたが、自分が妻を責める時には、ビジュアル面での被虐美である猿ぐつわとは別に、単に言葉を奪えればいいのだと思っています。
 言葉にならない喘ぎ声であったり、苦しげなうめき声や咽び泣くような声であったり、言葉を出すにしても「イヤッ」とかだったらそれでいいのです。
 個人的好みとして、責められて、歓喜100%で「イクッ!イクッ!」とか「もっと!もっと!」とか「いいっ!いいっ!」とか叫ぶ淫乱女キャラは好きじゃないのです。
 責められてイキまくってる自分を少しだけ「はしたない」と感じて、含羞を帯びた喘ぎ声と、時々「あっ、そこは痛いのっ」的な苦痛の声を上げてくれるというのが理想なのです。
 なので、その線に沿って声を出してくれるのなら猿ぐつわは要らないのです。

 てなわけで、「NGワードを言ったら口をガムテでふさぐよ」と言い渡しておいてから始める、というのを妄想してみます。



雑文「実は猿ぐつわさえ要らないのかも」
 以前から、緊縛美よりもミニマルな拘束が好きだと書いています。
 短い紐で両手首を後ろ手に縛り、簡単な猿ぐつわを施す、というような。

 で、ふと気がついたのです。
 自分は必ずしも猿ぐつわを求めてはいないということに。

 自分が求めているのは、相手の身体の自由を奪うことの延長線上として、言葉を自由に発することを許さない状態にして責めるということであって、ビジュアル的に猿ぐつわにこだわるところは全くないのです。
 なので、猿ぐつわなしでもあまりベラベラしゃべらないで適度に言葉にならない喘ぎ声を上げ続けてくれるなら、それはそれでいいようにも思います。